最高裁判所第二小法廷判決:不正競争防止法違反被告事件(事件番号:平成30(あ)582)

【事件番号】

・平成30(あ)582

【判決日】

・平成30年12月3日

【法廷名】

・最高裁判所第二小法廷

【判示事項】

・不正競争防止法21条1項3号の「不正の利益を得る目的」があるとされた事例

【判決の概要】

・営業秘密管理に係る任務に就いている者が、ID及びパスワードが付与されて秘密管理されていた営業秘密を、勤務先を退職し同業他社へ転職する前に、業務遂行の目的によるものではなく、私物のハードディスクに複製する行為は、不正競争防止法第21条第1項第3号にいう「不正の利益を得る目的」に該当する。

Translate »