最高裁判決平成30(受)第1412号:発信者情報開示請求事件(著作権法)

【事件】

平成30年(受)第1412号:発信者情報開示請求事件

【判決日】

令和2年7月21日(第三小法廷判決)

【結果】

上告棄却

【概要】

 写真の著作者が、自身の写真がツイッターのウェブサイトに投稿された際、著作者の氏名が削除されたことにより、氏名表示権(著作権法第19条)を侵害されたとして、ツイッターの運営社(米国法人)に対し、プロバイダ責任制限法第4条1項に基づく、投稿発信者情報の開示を求める事案である。
 なお、本事件は、著作者の氏名が表示された写真が著作者に無断でツイートされ、その写真がリツイートされる際に、ツイッターのシステムの仕様により、著作者の写真の上下がトリミングされて著作者の氏名が表示されなくなったものである。

【判事事項】

(1)著作権法19条1項の「著作物の公衆への提供若しくは提示」は、同法21条から27条までに規定する権利に係る著作物の利用によることを要しない。
(2)SNSにおける他人の著作物である写真の画像を含む投稿により、同画像が、著作者の氏名の表示が切除された形で同投稿に係るウェブページの閲覧者の端末に表示された場合に、当該表示画像をクリックすれば元の画像を見ることができるとしても、同投稿をした者が著作者名を表示したことにはならない。
(3)SNSにおける他人の著作物である写真の画像を含む投稿をした者が、プロバイダ責任制限法4条1項の「侵害情報の発信者」に該当し、「侵害情報の流通によって」氏名表示権を侵害したものとされる。

Translate »