英国EU離脱後の国際意匠(ハーグ協定)の取り扱い

【英国EU離脱後の国際意匠(ハーグ協定)の取り扱い】

A.移行期間中(2020年12月31日まで

 ハーグ制度を通じて保護されるEUを指定する国際意匠登録の効果は、英国に及ぶ。

B.移行期間終了後(2021年1月1日から

 EUを指定した国際出願及び国際登録は、英国において効力を失う。

 しかしながら、移行期間終了前にEUを指定して国際登録が保護された場合、英国は移行期間終了時に同等の英国の意匠権(「再登録国際意匠」と呼ぶ。)を自動的に作成する。

 一方、名義人はこれらの再登録国際意匠の管理をWIPO国際事務局経由ではなく、英国知的財産庁と直接管理する必要がある。

 また、2021年1月1日時点で、係属中のEUを指定した意匠の国際出願の出願人及び、欧州連合知的財産庁(EUIPO)によって発行される保護の付与の声明の対象になっていないEUを指定した意匠の国際登録の名義人は、移行期間終了の後9ヶ月以内に英国知的財産庁に英国意匠を登録するために出願することができ、当該係属中のEUを指定した意匠の国際出願の先の出願日、EUにおける保護を求めていた先の国際登録日をそれぞれ維持する。

Translate »